デリバリーヘルスならエックスポーズ

当サイトオリジナルのデリ情報は必見!

最新記事

デブ専のデリヘル嬢は家畜

家畜扱い

私はデリヘルで働いている事を友達にオープンにしているので時々「私も一度してみたい!どれぐらい稼げるの?」などと聞かれます。
大体は問題はないんですが、友人の中に一人ぽっちゃりを通り越し完全におデブな友達がいて「デリヘルで働いてみたい!」と相談された時は正直困りました。
どう考えても通常のお店では使ってもらえそうな体系ではありません。
そんなに働きたいのならと「デブ専門のお店は行けるんじゃない?」とアドバイスしたら凄くご立腹。
そこで鹿児島の人気デリヘルサイトのデリかごを教えてあげました。
ノーマルからぽっちゃり(デブ専)までありとあらえるジャンルのお店を紹介してある検索サイトです。
それからしばらく経って彼女から某デブ専のお店に合格したと電話がありました。
私はそのお店のホームページをみると凄いフレーズが、
「待望の新人緊急入荷!98kgのスレンダー美女デビュー!」
と掲載してありました。
えっ、98kgはスレンダーなの!?
彼女に聞くとそのお店では100kg未満はスレンダーなんだとか。
以下は彼女から聞いた実際の話です。
待機室はデブばかりで冬でも冷房が入っているらしいです。
しかもお菓子は食べ放題でジュースも飲み放題。
「もっと太ってね」と店長に言われるらしいです。
彼女の周りは100kgオーバーがゴロゴロで待機室は終始明るい雰囲気でBIGサイズの服を売っているお店の情報交換や、「ダイエットなんかしたらお客に逃げられる!」と揚げ物のお弁当を2・3個ペロリと完食したり…

出荷

この仕事は体力を使うので結構痩せていく人も多いのですが、その過ごしやすい環境のなか彼女は見事に100kg突破。
もともと明るくて性格も良い子だったので、指名もたくさん入り人気が出てき「デブになって良かった、もっと食べよ~」と嬉しがっていました。
そのお店では指名が入ると、「〇〇さん、出荷ですよ~♪」と牛・豚のように呼ばれるらいい…
呼ばれる本人たちはあまり気にしていないみたいです。
人気も出て、楽しそうに仕事に励んでいる彼女を見るとデブ専のお店で働く事をアドバイスして良かったなぁと思う日々。
でも心配事が、会うたびにどんどん成長している様子、ついには110kgも突破したらしく腰や脚に負担がかかり痛いと嘆いていました。
それでもまったく痩せようとは思わないらしく現状維持で頑張るみたいです。
あんまり体に負担をかけないようにお金をどんどん稼げればいいと願う私でした。